赤い羽根 共同募金 2017

                

10月1日(日) 赤い羽根共同募金@海老名駅
今日の活動は「赤い羽根共同募金」です。

 

ビーバー隊、集合!

 

「赤い羽根、共同募金にご協力お願いしま〜す!」

 

海老名駅西口「えびーにゃ像」前で行われたオープニング・セレモニーに参列しました。
海老名市長、市議会議長らの挨拶を、じっとして聞けたかなぁ?

 

市長とともに、道行く人々に募金協力を呼びかけました。

えび〜にゃも来ました!

 

海老名市長から「高座豚のコロッケ」を差し入れいただきました。

 

募金活動が初めてのスカウトも大きな声を出すことができました。

                                                                                                    ビーバー隊 さとう

 

 


日産ヘリテージコレクション見学

                

9月17日(日) 日産ヘリテージコレクション見学
台風18号接近に伴い雨模様ですが、幸いにも今日の活動は屋内です。

日産座間工場に300台ほど保存されているカーコレクションを見に行きました。

 

電気自動車 チョイモビ

 

ダットサンの消防車。右左折する時の方向指示器は「腕木式」サイレンは手回しです。

 

横浜スタジアムで使われた「リリーフカー」B-1

 

ウサイン・ボルトの直筆サインが車体に書かれた、金と銀のGTR

 

スカイライン

 

三越百貨店のバン。皇后様が天皇家に輿入れされたときに花嫁道具を運んだそうです。

 

車には早々に飽きてしまい「ぬりえ」です。

 

「車好き」「電車好き」「飛行機好き」などなど、「乗り物好き」の子供(大人も?←隊長も)は一定数いるのですが、一緒に行ったビーバーたちは「車好き」ではないことがわかりました。
                               ビーバー隊 さとう 


3団合同隊集会・カントリー作戦

                

9月10日は海老名カブ隊3団合同隊集会でラリーとチームスポーツ実施日。

この日はスカウトの日でもあるため最初に清掃奉仕をしました。予定では合同隊集会後にカントリー作戦実施だったのですが、

予定変更で合同での清掃奉仕、カントリー(缶取り)なのですが、缶がもうなさそうなので草刈りのお手伝いに回ってました。

 

みんな頑張ってました。

 

清掃奉仕後は定時でパックで大輪になって集合後、開始セレモニー。準備で手いっぱいで写真がないのですが、

他のブースのゲームは弓矢やフリスビーや梯子のぼりなど楽しそうなものばかりでした。E2のブースのゲームは上記写真の左上の丘のような部分を島に見立てて「この島には宝があるらしい、すでに他のスカウトが調査に行っている、追跡サインを追って調査してこよう、先行したスカウトの落とし物も把握してくること」みたいな感じの内容で実施。3分で船が出るからできるだけ3分に近いタイムで戻らないといけないルールという追跡サインとキムスと体内時計の管理と複合ゲームでした。

追跡サインを見つける人、その数を覚える人、途中のキムアイテム覚える人、時間を図る人と役割が必要で、作戦タイムは上げましたけど、すぐに役割分担をどのチームの組長もてきぱき決めていく様はさすがだなぁと感心してしまいました。

宝箱は以前使った好評だった奴が再登場、ワークシート記入時に最後の質問に「宝箱のなかみは」と書いてあるが

道中宝箱はありません、「なかったよ?」と思ってるところに足元にあることに気が付き開けると

コインと宝石がザックザクで、それに気を取られて覚えてたことを忘れてしまう…というトラップだったんですが、

4チーム中、1チームだけ、見事、記憶を飛ばしてしまいました。それがなければ1位だっただけにちょっとかわいそうだったかな?

 

ポイントゲーム終了後は本日の組(他の団との混合)ごとに昼食をいただいた後にチームスポーツゲームで

今年はキックベースをやりました。今回のルールで2塁がありません。そのため、しばらく勝手がわからず苦労していた様子でしたが、次第に白熱展開でみんなで盛り上がって頑張ってました。

 

前半戦が終わって休息時、担当団のE3様からアイスのうれしい支給がありました、ごちそうさまでした。

 

終わりのセレモニー時に優勝組に商品として素敵な組みひも細工が贈られました。

 

 

優勝組に祝声.を送ります。「おめでとう、ウォッ!ウォッ!ウォーーー!!」

 

当初予定していた合同隊集会は悪天候で流れての今回の実施でしたが、今回は良い天気に恵まれました。

スカウトたちが楽しめていたら何よりです。皆様お疲れさまでした。

 

カブ隊:くどう


合同隊集会:市内ハイク

                

9月10日(日) ビーバー隊 海老名3コ団合同隊集会:市内ハイク
海老名市1団、2団、3団のビーバー隊は「なかよし」です。

今回の合同隊集会は、カントリー作戦=美化活動をしながら街中をハイキングしました。
相模国分寺史跡から、幹事団の海老名3団さんの団本部を目指します。

 

手には軍手をはめて、ビニール袋を持って、ゴミを拾いながら歩きます。

 

途中、花や実のなっている植物も観察します。

 

ビーバーたちを威嚇する「カマキリ」発見!

 

浅井の水。永池川の源流だそうです。

 

途中の公園で遊びます。

 

日月神社にお詣りです。

 

交通量の多い国道246号沿いにある3団さんの畑で、オクラ、ナス、ささげを収穫。

 

獲ったどぉ〜

 

3団さんの団本部到着。アイスバーをみんなでいただきます!
日差しが暑かったので嬉しい「おもてなし」です。

 

きれいなお花がいっぱいの団本部です。

 

「カントリー作戦」の成果。
缶:14コ
ビン:ゼロ
ペットボトル:5コ

ほか、たばこの吸い殻、プラゴミなど多数。

ビーバー隊の活躍によって、海老名の街が少しきれいになりました。

 

国分寺史跡まで歩いて戻って、解散しました。

 

「各団の団本部まで歩く」ってのが、今後続くのか?わかりませんが、楽しい市内ハイクでした。

                                   ビーバー隊 さとう

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


少年少女消防教育

                

 

 

子供たちの防災意識を高めるための少年少女消防教育プログラムを受けるため、カブ隊は厚木市にある防災センター(and消防学校)に向かいました

 

今回は綾瀬の某・町内会様の選抜メンバーによる多数のお友達との合同です、最初にスタッフ紹介、皆様よろしくお願いします。

 

最初に、消防式の集散方法を学びました。集合の呼称からはじまり1列目は順に番号呼称。最後まで行ったら2列目のはじの人は満か欠を呼称しないといけないのと理由を学びます(写真の場合1〜3、欠で(3x2)−1=5人

 

基本訓練後は消防学校側に移動し、先ほどの訓練での集散方法をしながら指導を受けます。

 

最初に車両乗車体験、ポンプ車と

救急車の乗車体験。広い構内を周ってきます

 

続々と帰ってきました。

 

お帰りなさい!「放水はじめ!」

 

中から見ると楽しそうです。

 

分譲してポンプ車と救急車の乗車体験後はポンプ車の仕組み、どうして水を出せるのか、吸い上げと放水の仕組みを学びます。

 

仕組みの勉強後は、40ミリホース、ガンタイプ筒先による放水体験をみんなでしました。

 

 

噴霧も体験、噴霧は煙を押さえるのに使いますがそれについての説明もされていたようです。

 

放水体験後は教官の方たちにお別れして、消防学校の学生たちが普段使う食堂で昼食をとります。

 

メニューは学生は2種類の選択式ですが、今回はみんなでカレーをいただきました。

 

食べ終わった後は自分たちで規定に沿ってかたずけをします。この後は学生たちが昼食をとるために続々来られました。ここの学生はみんな距離があっても、さらにこちらか気が付いてなくても必ず立ち止まって挨拶されるのですが、そういった姿勢を肌で感じさせられる環境はこの場所ならではと思いました。

 

食事後は長めの休憩時間が入りましたが、この時間を使ってスカウトたちはカブブックと、終わってるスカウトはチャレンジ章を進めます。

 

休憩後は防災センターで災害体験でまずは地震体験。この組は東日本大震災のときの6分間の地震を1分にまとめたバージョンで体験。くつろぎモードから

 

 

軽い揺れを感じたと思ったらコンロの火の消化、ガス湯沸かし器のOFF、扉の開放を協力してやってました。

 

そして防御態勢、よくできました。

 

 

暴風体験のあと、煙で充満した迷路上の部屋から脱出にチャレンジ、」黄色いランプは人がいるところを示してます。煙が充満しているところの移動の仕方や、方向感覚の狂い、そしてハンカチ等で押さえていても、甘いと結構吸ってしまうことなどを学んでました。

 

シュミレーションでケースに応じた電話のかけ先、状況説明の仕方などを学びました。

 

 

体験コーナーから戻った後は先ほどの煙が充満した場所での移動の正しい仕方を布を煙に見立てて学びます。中でも写真のように、低い体勢移動といっても、ほふく前進がだめなのとその理由も学びました。

 

扉を触る前に正しい扉の触り方、温度確認などを学びます

 

扉が熱い場合はその扉からは出れないので別のルートを考えないといけないことや、煙が入ってこないように防御する方法も学びます

 

以前、屋台の爆発で飛んできた日が体につき、パニックになって逃げ惑ってしまった不幸な事故がありました。走り回らずに転がったり体で押さえつけて消すという適切な消し方を学びました。

 

ケガをしたときの傷口の洗浄や、止血方法なども学びました。

 

家屋倒壊など、自分以外、特にご両親がはさまれてしまった場合など、非力な力でも出来る救出方法や、常備しておくとよい道具などを学びます、そなえよつねに

 

 

最後に集合して、スタッフの方たちにお礼を言って帰路につきました。最初は小さかった声は大きく、動きは随分と機敏になってました。みんなががんばりました!!

 

参加された方々お疲れさまでした、ありがとうございました。

 

カブ隊 くどう

 


夏季キャンプ四日目_最終日

                

8月14日(日)夏季キャンプ_第4日
キャンプ4日目。朝食は部屋食で、いただきます。

 

絵日記を書きます。

 

ビーバー隊 表彰式です。集合!

 

ビーバー隊 記念撮影です。

 

続いて、カブ隊集合!

 

各組、個人の表彰が行われました。

 

さらに続いて、閉村式です。途中から雨が降ってきました。

 

海老名に戻って、各隊ごとに解散しました。

3泊4日の夏季キャンプ。
終わってしまえばあっという間ですが、その間にスカウトたちの成長が見られました。
ご支援いただきましたみなさま、ありがとうございました。
                               ビーバー隊 さとう
 

 

 

 

 


夏季キャンプ三日目

                

8月13日(日)夏季キャンプ_第3日
キャンプ3日目。朝食を、いただきます。
昨日作った、手づくりかまぼこも試食します。

 

バンガローの部屋を清掃。

 

木工工作です。
4人は、「砂時計」を作りました。

 

みゆきちゃんは、電動いとのこを使って、板を切り出し「鍋敷き」を作りました。

 

ヒップそりを持って「わんぱくランド」に遊びに行きました。

 

斜面を勢いよく滑り降ります。

 

昼食を食べたら、

 

夜に備えて「お昼寝」です。

 

営火の準備、薪組みも出来ています。

 

差し入れいただいた「チューペット」をおやつにいただきます。

 

「森の晩餐会」準備です。ビーバー隊は「えびシュウマイ」を作ります。
タマネギをみじん切り。

 

ひき肉とあわせて、混ぜまぜ。

 

タネを皮に包みます。

 

せいろで蒸します。

 

「えびシュウマイ」をみなさんに紹介します。

 

森の晩さん会
ビーバー隊「えびシュウマイ」

 

カブ隊1組「鶏のホイル焼き」、育成会「おいなり」

 

カブ隊2組「ギョーザ」

 

ボーイ隊「手打ちそば」「ベーコンとチーズのくんせい」

 

いただきます!

 

料理一式

 

夜は営火(キャンプファイヤー)を楽しみました。

                               ビーバー隊 さとう

 

 

 

 

 

 


カブ隊夏キャンプ3日目

                

キャンプ3日目

 

ごはんとパスタ、ソーセージにお味噌汁。疲れが出て食欲落ちるようすもあまりなく、みんなモリモリ食べてました。

 

ビーバーさんが昨日カマボコつくり体験で作ってきたカマボコをおすそ分けしてくれました。

美味しかったですありがとう。

 

食事後はキャンプ場すぐそばにあるフォレストアドベンチャーへ。装備をつけてドキドキで待ちます。

 

何重にも安全対策が取られてますが、その使用方法などをきちんと自分自身がやらないとだめなので、しっかり講習を受けて、最初のサイトに挑みます。

 

通常はブリーフィング用のサイトが最初にあるのですが、今回は1番目のサイトをブリーフィング用に使ってました。

ここをしっかりパスしないとこの先を行かせてもらえないのですが、みんな1発で通過してました。大人も前後で監視しますが、みんな真剣にやってくれたのでカラビナの付け替えの順序、半ロック等も最後まで自分達で管理してたので、うっかり縄梯子語とロックしてしまったとか言うもの以外は口出すこともなく、安全面はみんな完璧でした。「カブスカウトはまじめにしっかりやります」

 

既定の手順で安全確保出来たらあとは自分たちのペースでワクワクドキドキを楽しみます。

 

無理だと思ったら降りてそのサイトはスルーという逃げ道ももちろんあるの確認はしてましたが、できるだけ個人のペースでチャレンジさせてあげたかったので時間大目に取っていたのもあって、最初怖がったり心配していたスカウトも8サイトみんなまわり断念したスカウトはいませんでした。施設としては安全管理はきちっとしてるのですが、それを生かすのは自己責任なので、リーダーサイトは正直ドキドキでしたが、想像以上に自分たちの安全は自分で守りつつ冒険を楽しんでいたので、プログラムに組み込んでよかったなぁと思いました。

 

冒険を楽しんだ後は森の晩餐会(ビーバー、カブ、ボーイ隊食事持ち寄りの食事会)の準備に移ります。

2組さんはギョーザ

混ぜ方が上手でした。

 

1組さんは鳥のホイル包み

 

餡が出来たらみんなで協力して包みます。案を乗せる人、包む人で分担したり工夫と協力で効率よく包んでました。

 

大鍋でギョーザを焼きました。

 

ホイルの横が口を開けないように包んで火にかけます。

 

 

完成品。ビーバーさんはシューマイ。

 

育成会のおいなりさんと1組さんの鳥のホイル包み。

 

2組さんは中央の大なべが水ギョーザ、とその隣に焼きギョーザ

ボーイ隊の手打ちそばとチーズの燻製など。ソバはほんとに手打ちしてました。

 

みんなでおいしくいただきました、ごちそうさまでした。

 

食事の後は夜の営火の打ち合わせや、日記。組会議の後営火。

営火後はそのまま組長次長会議してスカウトは就寝です。お疲れさまでした。

 

カブ隊 くどう

 


夏季キャンプ二日目

                

8月12日(土)夏季キャンプ_第2日
キャンプ2日目。朝食は、部屋食で、いただきます。

 

雨が止んで良かった。ハイキングに出発!

 

行程は、ほとんどが下り坂です。

 

途中、塩飴で塩分補給です。

 

小川を渡って、

 

箱根登山鉄道の踏切を渡って、

 

鈴廣かまぼこの里に到着しました。
かまぼこ・ちくわ手づくり体験教室に参加です。

帽子をかぶり、エプロンをつけて準備完了。

 

かまぼこ職人さんの技を学びます。
職人さんは、15年ほど修行して「水産練り製造技術士」という国家資格を取っているそうです。

 

まずは、かまぼこ作りに挑戦です。
魚のすり身を平らにのばします。

 

板に乗せていきます。

 

2時間ほど、蒸しあげます。

 

次は、ちくわ作り。
アイスクリームを取り分けるアイスクリームディッシャーを使って、すり身が配られます。

 

まずは、お姉さんが手順を紹介。

 

すり身を四角くのばし、竹の棒に巻きつけます。

 

「ちくわ焼きマシーン」で回し焼きです。

 

手づくりちくわの完成です。

 

できたてを美味しくいただきます。

 

かまぼこ博物館前で記念撮影。

 

ちくわはちょっと塩辛かった。
喉が渇くので、湧水「箱根百年水」を飲みます。

 

水を流すと「チリリン♪」鈴の音が聞こえます。

 

鈴廣の前で、ポーズ!

 

キャンプ場に戻り、お昼寝して元気をチャージした後「ますつかみ」に挑戦です。

 

獲ったどぉ〜

 

ビーバーに続き、カブが挑戦です。

 

獲りたて(?)のニジマスを調理します。

 

塩焼き

 

三枚におろして

 

レモン(ハイキングコースに生えていた)を添えて、

 

ソテーして、

 

美味しくいただきました。

 

わんぱくらんどの遊具で遊び、

 

夕食は、ミートソースパスタです。

 

暗くなってから、場内を使ってのナイトゲーム。
ビーバーたちはドキドキです。

 

「指令書」を読んで、出発!

 

見事!暗号を解読。ミッション・コンプリート。団委員長に報告です。

                               ビーバー隊 さとう

 

 


カブ隊夏キャンプ二日目

                

キャンプ二日目、昨夜から起床時間まですごい雨、その後晴れたのですが、初日の湿度による進み具合と、道中の天気の崩れ等色々考えて、予定していたハイキングは中止にし、朝のつどい(国旗儀礼・予定伝達・隊長の話等)にあとは

当初予定していた工作はハイキングコースゴールでしたが、それを施設内工房に変更。工房が空くまで隣のフリースペースで自作のA3かるた「世界の国からこんにちは」をしながら待ちました。4月だかに隊で利用しましたが、読み札にあるヒント「首都名やその国で有名なこと」などを今回は先に予習させました。

 

片面には国旗とその国の言葉で「こんにちは」が書いてあり、裏面には首都の位置の地図が書いてあります。

読み手のヒントから該当カードを持ってきて、その国の言葉で「こんにちは」を言います。これでカブブックは完璧。

 

工房が空いたので作りたい作品を選んで作業開始、希望がバラバラ過ぎたらどうしようかなと思ってたのですが、偶然にも男子は二連輪ゴムピストル、女子はペン立てでまとまったので作業効率が良かったです。まず、男子は見本を観察し、先生の指導で貼り合わせたり、パーツに合わせて面や厚み、表面を整えたり、やすり掛けも紙やすりの形状を用途で変えながら真剣に作成してました。

 

女子スカウトはペン立て、各自のセンスで装飾のイメージを考えていきます。

 

パーツが細かいのでいい加減やると割れちゃいますが、釘打つ前のキリでの穴あけもふくめて、超真剣に作業進めていました。

 

ふちに乗せる動物の顔部分や本体の書き込み等、丁寧に書き込んでいました。

 

接着はグルーガン。この台いいなぁと副長と話していたら、一人用の台を二ついただいてしまいました、ありがとうございました。

 

男子チーム本体完成、色を塗って自分だけのオリジナルに仕上げます。

 

ウッドバーニングもさせていただき、サイン入れをしました。

 

前述のグルーガン台をわざわざ作ってくれたのですが、その過程でスカウトたちは普段目にしないような光景を見学することができました。

 

工作終了後、天候も安定していたので隣のわんぱくランドにミニハイキング、こちらでお弁当を食べました。

 

初日にここを通過する際にやる予定にしていた芝スキー用の段ボールを持ち歩いていたので、それで斜面も乾いていたので挑戦してもらいました。段ボールのサイズよりも持ち方と姿勢が結構重要だったりします。写真の子はすごい勢いで滑っていき、勢い余って段ボールだけ残して体だけ滑ったりしてました。

 

「全然進まなーい」と女子チーム。その体制だとすすまないよ?

とはいえ、コツつかみだして結構みんな滑れるようになってきたところで先のほうに移動、ローラーすべりだいやターザンロープがあり周りが見渡しやすいエリアで自由タイム件、休憩タイム(主にデンリーダーさんの)

 

この後のプログラムに間に合うようにその後移動、大つり橋を渡って帰りました。

 

キャンプ地に戻った後はビーバー隊と合同でマスつかみをしました。

 

ゲットです!

 

採ったマスは塩焼きと

 

ムニエルのレモン添えで、夕食というよりおやつタイム。あとで知ったのですがこのレモン、ビーバーさんがハイク中に見つけたもの見たいです。たいして食べないだろうと思ってたのですが、頭も食べる勢いできれいにみんな食べてました。

 

食後は副長さんからのクイズ大会開催

 

川遊びもしたので早めのシャワーなどしたり、しおりの日記等をして夕飯のミートソースをいただきました。

 

夜は恒例の団委員さん達によるナイトゲームを楽しみました。

その後は組集会、組長会議などしてスカウトは就寝です。おやすみなさい。

 

カブ隊 くどう



          
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー別

保管庫

最近のコメント

  • カブトムシ捕獲
    コダマ
  • スイカ割り&カブトムシ羽化
    コダマ
  • カブトムシ捕獲
    コダマ
  • 2年ごし!? ベンチャープロジェクト(やねプロ)ついにGoogle-Mapにて確認可能
    コダマ
  • カブトムシ幼虫獲り
    しの
  • 上進記念ウォーキング
    sino
  • お別れ隊集会
    しゅんや母
  • 新春チャリティコンサート
    しの
  • カントリー作戦 2015
    いけだ
  • えびな市民まつり
    しのざき

プロフィール

書いた記事数:294 最後に更新した日:2017/10/01

サイト内検索

others

mobile

qrcode